So-net無料ブログ作成
検索選択

レーシック手術眼科破産 料金表示めぐり公取警告 負債68億円(産経新聞)

 レーザーで角膜を矯正する近視のレーシック手術で知られる神奈川クリニック眼科の経営元、医療法人社団「博美会」(東京、山子大助理事長)は7日、東京地裁に破産を申し立て、手続き開始が決定されたと発表した。申し立てと決定はいずれも6日付。

 帝国データバンクによると、負債総額は約68億円。眼科事業は別の医療法人に譲渡される。

 神奈川クリニック眼科は東京都新宿区、名古屋市、大阪市、福岡市に治療施設がある。レーシック手術をめぐって公正取引委員会が昨年8月、誤解を招く料金表示で景品表示法違反(有利誤認)の恐れがあるとして警告を出していた。

 博美会は昭和57年設立。レーシック手術で事業を拡大したが、設備投資の負担に加え、昨年2月に東京都中央区の「銀座眼科」(閉鎖)でレーシック手術後に多数の患者が感染性角膜炎を発症した問題も影響し、経営が悪化したという。

【関連記事】
「ちゃんこダイニング若」が破産 負債4億5千万円
くらたま自著で赤裸々暴露…ためんず夫、破産のワケ
ジオス社長、破産手続き取り消し求め即時抗告
旧ペイントハウスの「ティエムシー」、破産開始決定
一世風靡の「ガイアックス」燃料 販売会社が破産

両陛下、学童保育を訪問(時事通信)
青野正「テツモジ」展(産経新聞)
としまえん「フライングカーペット」で少年転落(読売新聞)
<目白シンラート>夕闇に浮かぶ特設舞台で芸術を堪能(毎日新聞)
【徴収の現場 不況下の税金攻防戦】(上)隠し財産 暴きます(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。