So-net無料ブログ作成
検索選択

「日米合意、全く理解できない」福島党首 困惑の社民党(産経新聞)

 社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は22日夜、都内で記者団に対して、日米両政府が米軍普天間飛行場の代替施設を同県名護市辺野古周辺に建設することで大筋合意したことについて、「沖縄県民との合意、連立政権内の合意なくしてなぜ日米合意が先行するのか全く理解できない」と述べ、政府の対応に強い不快感を表明した。

 社民党はこれまで移設先を決めるにあたり、沖縄県や連立与党間の協議を優先すべきだと再三主張してきただけに、今回の政府の動きに困惑を隠せないでいる。このまま県内移設計画が推し進められれば、社民党にとっては連立離脱に直結しかねない事態に陥るのは必至だ。

 福島氏は22日朝の民放番組でも、辺野古周辺への移設について「実現できない案。無理やり決めても、問題がよりひどくなるだけだ」と批判した。

 「県外、国外移設」を訴えてきた社民党にとって、移設問題は譲歩できない「1丁目1番地」ともいえる。政府への不信感が高まれば、連立離脱は不可避の状況になる。

 鳩山由紀夫首相が日米合意を閣議に諮らず「首相発言」という形で、5月末決着を目指しているのも、閣議決定や閣議了解の場合、福島氏が「署名しない」と明言しているため、社民党の離脱を食い止めるための苦肉の策でもある。

 社民党は「首相発言」にも反対の姿勢は示すものの、閣議決定の場合とは違って連立与党内にとどまって、県内移設反対を閣内で訴える方針だ。

 ただ、首相が日米合意を優先したことで、党内には「もう覚悟を決めろ」(党幹部)と連立離脱を主張する声も強くなっており、今後、連立政権内に波乱が生じる可能性もある。

【関連記事】
普天間日米大筋合意 具体的工法などは継続協議
普天間問題 福島党首「閣議了解サインせず」
首相「日本が先頭で走る」 韓国哨戒艦沈没で安保理決議
日米合意発表に反対 普天間移設で福島氏
福島社民党党首 「首相発言」での決着に反対
中国が優等生路線に?

チラシ無償で20万枚…亡き子思い捜査協力(読売新聞)
水俣病 第三者委員会座長に元水俣市長の吉井氏(毎日新聞)
<たちあがれ日本>中川義雄氏が参院出馬断念(毎日新聞)
たちあがれ日本 中川義雄氏が参院出馬断念(毎日新聞)
パラ五輪で金5個の河合氏「みんな」から出馬…二刀流には「NO」(スポーツ報知)

偽装結婚関与の疑いで県職員逮捕=比人ホステスの長期滞在図る―山梨(時事通信)

 フィリピン人の女の偽装結婚に関与したとして、山梨県警生活環境課と甲府署などは14日、電磁的公正証書原本不実記録・同供用容疑で、同県富士工業技術センター職員河野正紀容疑者(45)=甲府市高畑=を逮捕した。容疑を一部否認しているという。
 逮捕容疑は昨年1月16日、フィリピン人のホステス、ムラナカ・ノーレン・フェルナンデス容疑者(22)=同容疑で逮捕=を長期滞在させる目的で、同市居住の無職の日本人男性(29)と結婚したとする虚偽の婚姻届を市に提出した疑い。
 この日本人男性からは任意で事情を聴いており、近く書類送検する方針。同課などは、河野容疑者が主導したとみており、ほかにも偽装結婚に関与したとみて調べる。 

比の女の偽装結婚関与の疑い、山梨県職員逮捕(読売新聞)
原田大二郎が民主から出馬…山口選挙区(スポーツ報知)
<内閣支持率>続落23%「危険水域」近づく(毎日新聞)
携帯投げつけ、次女けがさせる…父親を逮捕(読売新聞)
幻の「紀州東照宮・御船歌」復活 江戸初期とどめる30年前の音源(産経新聞)

レーシック手術眼科破産 料金表示めぐり公取警告 負債68億円(産経新聞)

 レーザーで角膜を矯正する近視のレーシック手術で知られる神奈川クリニック眼科の経営元、医療法人社団「博美会」(東京、山子大助理事長)は7日、東京地裁に破産を申し立て、手続き開始が決定されたと発表した。申し立てと決定はいずれも6日付。

 帝国データバンクによると、負債総額は約68億円。眼科事業は別の医療法人に譲渡される。

 神奈川クリニック眼科は東京都新宿区、名古屋市、大阪市、福岡市に治療施設がある。レーシック手術をめぐって公正取引委員会が昨年8月、誤解を招く料金表示で景品表示法違反(有利誤認)の恐れがあるとして警告を出していた。

 博美会は昭和57年設立。レーシック手術で事業を拡大したが、設備投資の負担に加え、昨年2月に東京都中央区の「銀座眼科」(閉鎖)でレーシック手術後に多数の患者が感染性角膜炎を発症した問題も影響し、経営が悪化したという。

【関連記事】
「ちゃんこダイニング若」が破産 負債4億5千万円
くらたま自著で赤裸々暴露…ためんず夫、破産のワケ
ジオス社長、破産手続き取り消し求め即時抗告
旧ペイントハウスの「ティエムシー」、破産開始決定
一世風靡の「ガイアックス」燃料 販売会社が破産

両陛下、学童保育を訪問(時事通信)
青野正「テツモジ」展(産経新聞)
としまえん「フライングカーペット」で少年転落(読売新聞)
<目白シンラート>夕闇に浮かぶ特設舞台で芸術を堪能(毎日新聞)
【徴収の現場 不況下の税金攻防戦】(上)隠し財産 暴きます(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。